マンガでわかるWebマーケティング シーズン2

マーケティング

マンガでわかるWebマーケティング シーズン2

マーケティングの本の紹介です。

Webマーケティングを勉強し始めて約1年が経とうとしています。

自分の中でWebマーケティングが何だかわからない状態で、もがきながらも

仕事の合間に色々な本を読んできました。

多くのWebマーケターがおすすめしている本を私も紹介します。

本の構成

  • O2O(オーツーオー)
  • 組織論
  • 広告手法
  • Webサイト制作

これらの概念をさらっと漫画仕立てで学べる内容です。

営業とマーケティング部門がバチバチと衝突しているのが面白いです。

こんな人におすすめ

  • 部署移動で突然、営業からマーケになった
  • 店舗販売からEC担当になった
  • これから独自ドメインのサイトで商品やサービスを売り始める人

など

本当に初心者にオススメです。

Webマーケティングとは

一般に、マーケティングとは「売れる仕組み作り」全般を指します。

なので、Webマーケティングは、Webを使って商品やサービスを売る(知ってもらう)活動です。

マーケティングという大きな卵のなかには色々な要素があります。

「Webマーケティング」は、要素の一部!!

それぞれの概念はとても奥が深いので、ここでさらりと全体を掴んでから

より詳しい本やサイトで学ぶと良いです。

アドバイス

残念ながらこの本は、2012年発売なので私がこの本を読んだ2020年時点でももうかなり

古い本です。Webの世界は進化が早いです。

Webマーケティング業界の第一線で活躍している人には、古い〜っていう内容が多いです。

2017年発売の改訂版もありますので、そちらの方がいいかもしれませんね。

ところで、最近は、Webマーケティングを学ベルスクールが多数あります。

そこで学ぶのは、大体がSEO(検索エンジン最適化)か Web/SNS広告運用のスキル

なります。

前者が自然検索でサイトの流入を増やす手法

後者が、GoogleやSNS広告を使ってサイトの流入を増やす手法です。

Webマーケターで両方のスキルを兼ね備えた人は少ないので、どちらかを極めることに

なると思います。

厄介なのは、独自ドメインでこれからECサイトを始めようとされる方にとっては、

両方必須だと思います。

Web制作は制作会社、広告は広告代理店とどちらも依頼することは可能ですが、

会社としての方向性や目標、全体設計をした上で制作会社や広告代理店に依頼できる

人がいないと、本当によくあるのですが知識がないばかりに外注先の言いなりに

なってしまいます。

言いなりになるのが悪いというわけではなく、それぞれの立場で最善策を提案される

ので、部分最適がかかり過ぎる、全体最適を考えていきましょう!という話です。

 

マンガでわかるWebマーケティング シーズン2―Webマーケッター瞳の挑戦! 

 

お読みいただきありがとうございました。

Webマーケティングを含めたマーケティングのあれこれは、今後も定期的に記事にします。

まずは、twitterに投稿していたものを加工する予定です。

タイトルとURLをコピーしました